チャットGPTに光の森の物語を村上春樹風にしてもらいました。

以下の自作の物語を
村上春樹風の文章に変えられますか?


光の森の中に、
今日もひとり、迷い込んできました。

魔女たちは
彼女が、どのようにここに辿りついたのか、
即座に感じ取ることができます。
そして、そっと見守ります。
日常が、辺りが、
あまりにもめまぐるしく動いています。
それにつられて
自分の心もめまぐるしく動きます。
やりたいことは思うようにできず、
やりたくないことは、我慢してやらなければなりません。
ゆったりと休みたい時も、休むことができません。
身体は、どんどん冷えて、固くなっていきます。

気が付けば、
知らず知らずのうちにこの森に辿りつきました。
森は進むにつれ、木々深く、日の光を遮ります。
全てが優しいはずの、この森も
彼女にとって今は、
疲れと不安が大きく頭をもたげ、暗闇の恐怖しかありません。
「だれか助けて!もう一歩も進めない。」
さて
森の魔女の出番です。
彼女に寄り添い、導く時が来ました。
「ようこそ、光の森テラスへ。」
光の森テラス
光の森の魔女たちの正体は…
光の森の奥深く、
薄暗い木々の中を進むと、
やがて
眩いばかりの光の泉が現れます。
光の森の女神の泉。
光の森テラスの「テラス」は
アマテラスオオミカミの「テラス」。
光の森の女神は、
太陽のように眩しすぎて、見ることも触れることもできません。
ある新月の夜、
泉のしずくが放たれました。
泉のしずくは女神のしずく。
しずくは、やがて光の森の魔女に姿を変えました。
森に迷い込んだ、
あなたと出逢うために、
あなたを輝かせるために、
女神の分身は魔女になったのです。
大自然のエネルギーと宇宙の叡智を知り、人々に光を与える術を持つ、光の森の魔女たち。
そして誰しも、自らが光を持っていることに気づき、輝きを放ち始めます。


chatGPT

光の森の中、ひとり彷徨う者がいた。魔女たちは、その者がどのようにしてここに迷い込んだのか、すぐに感じ取った。そして、彼女をそっと見守った。
周りが慌ただしく動き回る中、彼女の心も落ち着かなかった。望むように事が運ばず、望まないことは我慢しなければならなかった。休息を取りたくても、休めなかった。身体は冷たくなり、凝り固まっていく。
気がつけば、彼女は知らないうちに光の森にたどり着いていた。森は進むにつれて木々が深く、日の光を遮った。この森は優しく美しいはずなのに、彼女にとっては疲労と不安が頭をもたげ、暗闇の恐怖しかなかった。「助けてください。もう一歩も進めません。」
すると、光の森の魔女たちが現れた。彼女を寄り添い、導く時がきたのだ。「ようこそ、光の森テラスへ。」
光の森テラス。光の森の魔女たちの正体は…。光の森の奥深く、薄暗い木々の中を進むと、やがて眩いばかりの光の泉が現れる。それが光の森の女神の泉である。
光の森テラスの「テラス」とは、アマテラスオオミカミの「テラス」である。光の森の女神は太陽のように眩しすぎて、見ることも触れることもできない。
ある新月の夜、泉からしずくが放たれた。泉のしずくは女神のしずくであり、やがて光の森の魔女に姿を変えた。
森に迷い込んだ、あなたと出会うために、あなたを輝かせるために、女神の分身は魔女になったのだ。彼女たちは大自然のエネルギーと宇宙の叡智を知り、人々に光を与える術を持っている。そして、誰しも自分自身が光を持っていることに気づき、輝きを放ち始める。

5次元webコンサルティング〜Applice

ホームページ・SNS・ブログ…あなたの真の姿を、ウェブで表現・創造するお手伝い。